電気製品の自作は楽しくてハマるかも!初心者の自作におすすめの電気製品と注意点


電気製品を自作する楽しさ

家具や生活用品を自作する一般的なDIYと異なり、電気製品の自作の場合は、電流や電圧の知識が不可欠です。電気製品を自作する前に、最低限度必要な勉強をしておきましょう。専門知識を生かして電気製品を完成できたら、正常に作動する電気製品を見てこの上ない感動を味わえるでしょう。電気製品に関する知識が増えると、自作する時だけでなく、自宅にある家電製品が故障した際に修理できるスキルを身につけられます。

初心者も自作できる電気製品と注意点

初心者は、懐中電灯といった照明器具や携帯ラジオなど、乾電池を電源とする簡単な電気製品の自作から始めましょう。乾電池は電圧が低いので、万一感電してもあまりダメージが大きくないからです。交流電源を用いた電気製品を自作する場合は、部品の揃った初心者向けキットの購入をおすすめします。初心者向けキットだと、容量の違う部品を誤って入手するリスクが減り、安心して作れるでしょう。ハンダゴテの操作に慣れれば、パソコンキットの自作にもチャレンジできます。キットの製作では物足りなくなったら、自分で部品を集めて配電を考えると、自分だけの電気製品が出来上がり、満足度も格段に高まります。

ただし、出費を減らすためにリサイクルマートでジャンク商品を買い集めると、粗悪品が故障や漏電の原因になるため、気をつけなければなりません。自宅にある古い電気製品を解体して部品を再利用する場合も同様です。また、室内でハンダゴテに夢中になっていると、ハンダの煙が充満して健康を害することから、換気にも十分注意しましょう。

プリント基板設計を自社で開発しようとすると、とてつもなく長い時間と労力を要しますので、専門の業者に委託するのがコストカットになるでしょう。

Posted on